技あり!はじめてのCDジャケット印刷

TOP > 未設定 > 目を引くcdジャケット印刷で素敵な音楽を多くの人に届ける

目を引くcdジャケット印刷で素敵な音楽を多くの人に届ける

 cdジャケット印刷は家庭用のプリンターで作成をして、簡単にジャケットを作ることもできます。
インクジェット印刷でのコピーで作成する方法は業者でもできますので、家庭用の仕上がりよりもさらに高画質です。
業務用の場合は専用機が高解像度ですから、仕上がりの美しさはもちろんですから、見た目のキレイさを優先するには良い方法になります。
摩擦や水分には弱い面がありますし、頻繁な利用には向きません。
デザインに関しても制限なしの半面で、仕上がりはデザインでその具合が変わりやすいです。
グラデーションやべた塗りなどの場合は、想像をしたイメージとは少し違う仕上がりになることがあります。
白抜き文字でフォントが小さな文字の場合は、滲みが出てしまい読めないこともあるのも若干のデメリットです。


 音楽が好きでバンドを結成した人などは、自分たちのオリジナルCDを作成する際に、メンバーで力を合わせての作成がほとんどです。
プロのミュージシャンであれば音楽会社がcdジャケット印刷も始め、すべてを専門業者に依頼してくれます。
内容的な音楽のクオリティももちろん高いですが、それを包み込むジャケットの写真やイラストにカラーなども、プロ業者に依頼をするのですから抜かりはありません。
しかし初心者でバンドを組んだ人にそんな助けはなく、費用的にも専門業者に依頼するには高額な出費です。
だからこそcdジャケット印刷もすべて自分たちで挑戦をすることになりますが、素敵なジャケットができればそれだけ多くの人が手に取ってくれます。
音楽は中身が大事ですが、それを手に取ってくれるきっかけとなる、ジャケットの美しさも必要です。


 音楽CDを作成してキレイなジャケットを作成するならば、cdジャケット印刷はプロの業者への依頼がベストな方法です。
誰もが知るような有名アーティストであれば、レコーディングからジャケット撮影に印刷まで、その道のプロフェッショナルがすべて引き受けてくれます。
でももっと小規模な単位で音楽を奏でる人などは、自分たちで手配をして音楽を作成し、ジャケット印刷もしますので、その際助けになるのは印刷業者です。
少部数からの注文のできる様々な印刷で、プロレベルの仕上がりのジャケット印刷を叶える業者は、今では少なくはありません。
色汗をしにくい印刷技法を用いて、水にも強い耐久性にも優れたcdジャケット印刷を、比較的リーズナブルな費用で手配をすることができます。
費用面も格安委で高品質なcdジャケット印刷であれば、プロの音楽家ではなくてもお財布には大きい負担にはなりません。

次の記事へ